Mr.D’s Diary -ADHDで捻くれた俺が如何に社会復帰するかの悪戦苦闘記

ADHD当事者が如何に社会復帰してくかのブログ。

掃除

年末の大掃除はタスクが多くてADHD

僕にはかなり負担が多い頃になる。


亀の歩みのごとくのろのろと何日もかけていろんな雑事をこなしていくことに面白みはあるけれどまぁ憂鬱なことばかりだ。


母と共同作業したり、今で団欒していたりすると、基本、私が過剰に理屈じみた事を喋り出し、それを母が一から全てさらに論理的に否定していくというのがうちの日常である。これが白熱するし自尊心を大きく傷つけるわけで、そろそろこのいびつな親子の対話もやめねばならんのかもしれないが、それでも親は子供に干渉するもので、子は親に認められたいとさらに理屈をこねるので僕はニュースを読みつつくだらない理屈をこね回すことに精を出す