Mr.D’s Diary -ADHDで捻くれた俺が如何に社会復帰するかの悪戦苦闘記

ADHD当事者が如何に社会復帰してくかのブログ。

僕の症状

f:id:misterd:20170526202541j:plain

頭を俺がADHDだと気づいたのは大体中学位の時だった。その時不登校になったからだ。


いや小学校高学年位だったかもしれない。とにかく忘れ物が多かった。後計画性がなく不規則な行動などをよくとっていたように記憶している。それで隣の子やいろんなクラメスメイトに借りていると一回は良くてもだんだん関係が悪化していく。



そんな感じでクラスではよくいじめられていた。



その辺から俺の性格は結構歪んでいるのかもしれない


AD HDの症状に割と不倫症と言うのがあるがそれに関して僕かなりの気がある


それが元来のAD HDによるものなのかいじめによる女性恐怖症やエディックスコンプレックスなのかはわからない。


発達障害と言うのは元々の素質から社会から阻害されていた人格がひねくれたり反社会的になったりあるいは精神疾患にかかったりなかなか社会と適合をさらにしにくくなる傾向にある。


いつか私はそういった問題に対して解決策を見出せるような社会の有り様を模索したり実際にそれに対して立ち向かえるような人間になりたいと日々願っている。