Mr.D’s Diary -ADHDで捻くれた俺が如何に社会復帰するかの悪戦苦闘記

ADHD当事者が如何に社会復帰してくかのブログ。

才能がない人の愚痴


才能のある人はいう。

貴方に才能がないから食えないんだよ。


そんな事は99%くらいの人はギターでFコードをおさえた時、DawVSTを積もうとした時、1つ1つのつまみをいじる時に苛まれている事だ。


そう。世の中には圧倒的な(ナニカの壁)がある。それは常人には見えない壁だ。それを超える為にみんな努力している。ただその壁を超えられるのは限られたナニカを持つ人間だけである。

それは美貌だったり、ちしきであったり継続性であったり形を変えて僕らのまえに立ちはだかってくる。


ノブリスオブリージュという言葉があるが、僕はそれをあえて逆に捉えたい。

ノブリスオブリージュとは大いなる力のあるものは大いなる責任をともなうのだ。という正義論的な哲学や思想の事である。

最近だとサム・ライミ版のスパイダーマンで、主人公が悪と戦うモチベーションの根底として取り上げられていた思想だったりする。

元々はアメリカの女性作家ケニー・ファンブルの手紙が端を発している。そのせいなのか、自由主義の1つの根底を為す考え方だとも言える。


しかしながら僕にはそれが持たざる者への迫害と取らずにはいられないのだ。

大いなる力は世界を広く、刺激的に、強大な自由とともにそれは与えられる。

しかしながら力のない僕らはどうだろうか?

勇気がなければ悪と対峙しようとも思わないし、仕事をこなす事でしか、つまり能力や結果によってしか収入や人からの信頼を得られない。言葉の認知能力のない人は概念的な理解が出来ずに視野の狭い行動しかできなくなる。そして持つ者から施されるものをただ口を開けて待っていることしか出来ない。


僕は発達障害者として、自分の社会復帰を考えていた時に、僕は早期にそこにぶち当たった。


神は乗り越えられるものにしかチャンスを与えないのだ。言い換えれば、やろうとしないやつ、出来ない奴に僕らは能力を伸ばす機会を与えたりはしない。


一生力は与えられることはない。だとしたら僕は矮小なままチャンスを掴まずに終わるのではないだろうか。


僕らには自由があるようで、その世界には脳力という明確な足かせによって僕らの世界は歪曲してしまってはいないだろうか。


僕らのみている世界は同じなようで皆他人と違う世界だ。歪んだレンズが受けた光を適切に受け流せないように、出来ないということは、意思決定や普段の所作全てに僕らは目が見えない以上の不都合さがついてまわる。


それを部品として使う側は単に普通の人以上よほど適所におき慎重に扱わない限り本来のパフォーマンスを行うことは難しいだろう。

故に僕らは多様性が許容される職業選択がなされることによって、実はさらに首を絞められることになる結果を生むのかもしれない。


自由と言われている個人事業主とて労働者としての後ろ盾も全て勝ち取らなければならないし、供給者として競合するなら高品質の商品を提供しなければならない。そして数多くのタスクを自分一人でこなす事が求められる。


しかも同時に健常者と同等の環境と戦っていかなくてはならない。ブルーオーシャンと言えどいずれは濁り赤く染まっていくし海そのものが枯れていく中、僕らは何をすればいいのだろうかさ。


結果として僕は発達障害はこれからの優しい世の中にどんどんと淘汰の一途を辿るのかもれしれない。人はなりたいものになれる。ただ壁はなれるものが多ければ多いほど高くなる。そしてそれを超えられる人は超えられる資格を持っていた人だけなのかもしれない。


そしてそれは発達障害だけではなく、今までなんの不都合なくいきられた人にとってもそうなっていくだろう。


これから先、圧倒的な絶滅が待っている気がしてならない。

空気の読めないKYと忖度して怒られる公務員


空気の読めないやつは往々にして無能だなんだとバカにされるけど、


忖度して気持ちを推し量った上で働いた結果非難される公務員。


同じ意味だろうに互換だけでさもイメージが変わるのは非常に興味深い。


相手の気持ちを推し量る事はするべきだけど気持ちを推し量って不正をしてはいけないのか。それとも単にイメージの差なのか。


倫理観なんてものは揺蕩ってるもんなんだろうなぁ。

ミョウバン水、マジで効く。

注意欠陥という寝ても覚めてもボケてボケてしょーがないのび太みたいな特性の身の上なのだが、上につい最近ワキガ体質だったというとんでもない取り合わせの悪い形質が発覚し(周りの温かい目が時として最悪へと導くこともある。)、対策と気にしてPD連発の地獄をみている昨今である。AG+やら制汗剤なら色々試したが、なかなか良いものが見つからなかったが、その中でかなり効果のあったものを紹介したい。ミョウバン水だ。


ワキガと書けば二言目にはミョウバン水というくらいにはメジャーな話なのだが、かなり僕との相性が良かった。そういった点をいくつか話してみたい。


利点を3つあげると、


エントリーコストの安さ

汎用性の高さ

使い勝手の良さ


が特に良かった。


初期投資の安さが半端なく安い。なにせ普段の買い物に98円の焼ミョウバンを一品足して、100円ショップでからのシャンプーボトルとスプレーを2品買うだけで作れてしまう。

しかも量が尋常ではない。僕の場合40gバックを買い、25g程ミョウバン水を入れ、シャンプーボトルに600mlの原液を作った。(ワンプッシュでスプレーボトルに入れれば大体1/20くらいの分量がとりやすいのだ)それを水道水で20倍に希釈するため、単純計算12ℓのデオドラント剤がつくれるのである。材料費300円。制汗剤で最も重要なのはランコンストである。そこがいい。その気になればハンドタオルに浸しておいて脇汗を拭き取りながら消臭。なんて真似も容易だ。最高すぎる。

また、現役を薄める際にカスタマイズも自由自在だ。アルコールを入れるもよし、アロマオイルを入れるもよし、もちろん禁忌もあるだろうがそこも楽しみに私は感じた。

化粧品のごと使い倒せる上に、気分次第で香りを変えたり本当にコストパフォーマンスや取り回しがいい。


気になる消臭効果だが、作用としては中くらいとみていいだろう。しかし、市販のスプレータイプのように少ない量ではなく、ダバダバ使えるため、隅々まで行き届かせればほぼ許容範囲まで匂いが減少した。アルコールで揮発性などを高めたり、多種入れなければ他の液体の化粧水を入れて取り込んでしまうこともできるので、自分にあったスタイルのデオドラント構築ができるので案外男性向きだったりするかもしれない。


体臭ケアの気になる方は試してみてはいかがだろうか。




絶滅した種から見た絶滅しない人間の生き方


ふと思ったのだけれども人間て社会生活の中でサバイバルしていると考えることができるだからと絶滅危惧種が絶滅した理由と言うのはきっと僕たちにも役に立つもんだと思う
野球は詳しくないが野村勝彦の名言にこんなものがある

「勝ちに不思議の勝ちあれど、負けに不思議の負けなし。

つまり勝者は参考にならないが敗者にはそれ相応の理由が必ずあるということである。

ならば聖人たちつまり過去絶滅した動物たちはなぜ絶滅したのかその理由を解明すれば僕らが生き抜く術もきっと見つかるのではないかそう考えたわけだ。

https://www.konicaminolta.jp/kids/animals/about/02.html

コニカミノルタから子供向けのこのような内容のホームページを見つけた。真偽はいかほどか分からんが、可愛いしわかりやすいので採用した。

17世紀以降に絶滅した動物の4/3が人間による環境変化や資料によって絶滅させられているそうだ。

しかもそのペースは人間の登場以前のスピードより圧倒的に早い。

また当然ながら、過去400年間に人間が人を殺した回数など恐らく天文学的な数に上るだろう。

つまり人間も動物も同じように淘汰を繰り返している訳で、その戦略が似通っていることも仮説としては面白い。

人間が人間に動植物に及ぼす影響は果てしなく大きい。
個人が生存競争の中にありながら敗北しないため、淘汰されていった先人たちからいくつかの教訓を簡単に紹介していこうと思う。

こうすると絶滅する3つの方法。

1.人とって限度のない有用である。
2.人にとって害であること。
3.居場所がなくなる。


感慨絶滅には多種多様な理由があると思ったらな理由があると思ったらそうでは無い。

主にこの上記3つである。例えばニュージーランドに住んでいたジャイアントモアなどはアボリジニ先住民族などによって食肉にされ、絶滅してしまった。またアメリカ開拓時代には、一億羽はいたとされる旅行後も食肉として利用され乱獲によってあっという間に絶滅してしまった。豚牛などの家畜生物は有用ゆえに飼育され、ある程度人間の置かれた中で繁栄しているが、野生のとその辺で手間をかけずにある程度再生可能に取れる生物に関して、人間は驚くほど興味がない。作の中にいる羊の数には目がいっても野原を駆けずり回っているリョコウバトの数には目がいかないわけだ。つまり教訓としてわれわれは何度でも利用可能だと思われるととことんまで消費される。と言う傾向があるのではないだろうか?もし恋人がいたとしたら、デートに行く時、僕らは無限の愛や永遠の愛、なんて言葉は囁かないほうがいいのかもしれない。そうした先に掘り尽くされる歴史があることを遺伝子競争の敗北者は教えてくれている。

さて僕らは無尽蔵に人に対して有用であってはならないと学んだわけだが、かといって人に対して害になりすぎてもいけない。

上野動物園で哀れな姿になっている日本狼がそのことを教えてくれている。

羊や家畜など、人間自身や人間に有益なものに対して害を与えるとそれはそれで淘汰の対象たりえてしまうのだ。また、有害なものに対して共生関係や利害関係などを維持しているとその淘汰の対象となり得ることがある。

甲斐地方の風土病の原因になっていた宮入貝などがまさにその例だろう。宮入貝は直接的に害は与えないものの間接的に風土病の原因となる原虫を媒介するためにその一帯の種は政策によって根絶されてしまった。当然人類にとっては必要悪であると私も思っているが、貴重な教訓を私たちに教えてくれることも変わりはないだろう。

人によって様々ではあると思うが人の大切にしているものを傷つけたり害をなしてはいけない。また害をなす者に加担してはいけない。なんだかおばあちゃんの教訓みたいになってしまったが、ある日突然一方的な根絶を言い渡されないように交友関係や利害関係常に注意しよう。

さてさて、そろそろ人間のご機嫌を伺うことも疲れてきたころではあると思うが、何も僕たちに危害を加えるのは人間ばかりではない。人間の副産物によって気概を被ることもある。

変化だ。

人間が取り巻くこの環境では、僕らには常に変化がつきまとう。この一万年で地球の気候は不都合に様変わりしたようだし1,940年代にはドイツマルクは一兆倍の単位で暴落を始めたし、その頃僕らのばあちゃん達は爆弾であわや吹き飛ばされそうだった。今でも次の仕事は明日の株価任せだし、近未来SF作家のイーロンマスクにでも聞いてくれれば、100年後の未来の世界をあたかも明日の予定のように話して計画くれるだろう。


光の早さに近似していくみたいに僕らはより高度により早く洗練し、そして収斂されるように急かされている。より淘汰の幅はより太く、より競争は苛烈になる。その中、絶え間ない変化の中で僕らは生き抜いていけばいいのか。生き抜けなかった彼らはおしえてくはくれない。声はもう聞く事は出来ないのだ。

ただ声は聞こえる。
生き残った、今生きている僕の二重螺旋が僕に囁いている。その唸りを身体全体から鼓膜を通じて僕に呟く。


「何か食べようぜ。」



 今日はここまで。

フェルミ推定で選挙予測してみた。その1

選挙の時期が近づいてきたので相変わらずテキトーに、あくまでテキトーに、フェルミ推定で選挙予測してみよう。もちろんデータはほぼフリーターが知っている範囲の話なのでどーせ間違ってダメ元である。

日本の人口が現在一億二千万(一億八百万くらいまで減ってると思ってた)
だとして、その役半分が行くことになる。有効投票率が80%くらいだとして大まか5000千万票を争うことになる訳だ。

その中で、共産党を含めた組織票重視の党の割合が25%を占めている為、そのあたりは変化はないだろう。
残り75%を主要政党政党、恐らく、自民、希望の党、立憲民進党で分割するだろう。仮に主要な党の組織票を3割として、1100万票の組織票は固定であると考える。つまり前述の中小野党の組織票(75%の組織票としよう)937万票と合わせて2100万票だ。つまり議席の40%はこの組織票で決まる。
その中で主要三党1100万の組織票はどのような割合になるか。

現在労働組合の加入人数が900万だという。
よって半分が選挙に行くとして450万だ。

民進党の915万の半数が組織票だったと言う計算になる。

よって、残りの700万を自民と希望で分け合う訳だ。しかしながら希望の党に流れている人数を考えるに自民からの流出はあまりないと思われるので組織票としては

つまり議席の40%は
その他 45%
民進党系20%
自民35%
で構成されるだろう。

後の60%の浮動票であるがそれは後述。

ADHDを探せ!

ADDの自助会に参加したいと思っています。

横浜市で割と雰囲気小難しい話のできるところが良いのですがどこかありませんでしょうか

そこから好きな事をやりつつ、

趣味として活動していき

コミュニティを構築し、

イベントや人に働きかけられる活動をおこない

実績をつくる。

それによって評価があつまれば

支援と称して様々な刺激や仕事がまわってくるような気がします。

そんな実績評価支援の循環を作る。そんな目標をもって、やっていきたいと思っています。