Mr.D’s Diary -ADHDで捻くれた俺が如何に社会復帰するかの悪戦苦闘記

ADHD当事者が如何に社会復帰してくかのブログ。

ストラテラを飲んだ時に勃たなくなった話。

f:id:misterd:20170921220603j:plain
ADHDの投薬の際、特に勃起障害など性についての質問が来たり、高い関心が示されているようなので詳しい記事を書こうかと思います。プライベートな非常に恥ずかしいデリケートな部分で私もかなり躊躇はありますが、それによって困る方も多いと思うので、なるべく懇切丁寧に書いていきたいと思います。

私は現在コンサータ45mg(これでもそこそこな低容量らしいがわりと安定している)を服用していますが、その前はストラテラを最大量120mgまで服用していました。ストラテラは不注意などにはかなり効果が高かったです。しかしながら薬価の高さ(3割負担で月ウン万!!)や副作用によって薬を変える事にしました。

実際に私があった副作用としては性欲の減退と焦燥感ですがこれは減退に関しては区切りをきちんとつけられるようになったので僕にとってはむしろプラスに働きました。焦燥感はコンサータ共に多少ある為、医師と相談しつつ上手くコントロールしています。

その際に気になった副作用の1つとして勃起不全がありました。

その際に主に難儀した点は、
・持続性
・多漏
・射精後の排尿障害
の3つです。

とはいえ、勃たなくなった、とはいえ機能的にはそこまで減退を感じた訳ではありませんでした。
完全に勃たなくなる訳ではなく、いわゆる半立ちくらいから始まって最大時の持続時間が減ったように感じます。グラフにすると丁度山なりになるような感覚でした。長度より比較的硬度の持続性を体感として分かりやすく落ちるように感じました。

また多量になるにつれ、所謂"腺液"(なるたけ卑猥な言葉を使いたくないのです我慢のつくやつです)と精液に関して、かなり量が増えます。個人としての体感は1.5倍いや3倍ちかくといっていいくらい腺液が増加しました。また精液に近いような腺液が出てくる為、避妊具の装着がタイミングがうまくいかなくなったり、望まない妊娠へのリスクはやや高まるだろうなと思いました。
また、ADHD本来の性質の不注意から外れて行為に集中出来るようになるせいもあるのか性感がやや増加します。それに関してはメリットと捉えてもいいかもしれません。

上記2点に関しては、基本的に個人で生活をする上では全く問題ありませんでした。むしろ集中力によってQOLに際してはプラスに働く事もあるかもしれません。

しかしながら、この射精後の排尿障害に関してはかなり苦しめられました。

私はわりと射精後トイレに行きたくなるタイプです。しかしその後猛烈に尿意は止まらないのですが、管が開かないのか数分間出ない状態が多々ありました。平時は問題ないのですが、その時だけはかなり苦しめられました。しばらくトイレを我慢しなくてはならない状態になるのでそういう傾向のある方は注意すべき項目です。

そういう意味でかなり私個人に起こった副作用1つを取ってもこの副作用が起こる人に対してのコンプレックスの感じ方や、ライフスタイルによってかなり選択が異なるだろうなと感じました。

デリケートな話題ですので、なかなか医師に相談しにくい内容ではあります。もちろんした方がいいと思うのですが、私もその話は多分していなかったと思います。投薬によって得られる社会的なリターンははかり知れません。しかしながらそのリターンの裏にあるデメリットとの関係を上手く均衡させる事が必要であると感じました。その為の投薬中の環境を作っていく事はADHDを克服する為の課題の1つでありまた手段であると言えます。周囲の人々と共に理解を深めていく事や、自分の身体や生活を鑑みて、私達の"特性"とどう向き合っていくか考えていく必要があるなと感じました。

ハサウェイのはなし

http://logmi.jp/193788


アン・ハサウェイ「女性を真に解放するには、男性を解放しなければいけない」国際女性デーに国連でスピーチ - ログミー


男性がいざ専業主婦になりたい。などとのたまった時、実際反対する人が圧倒的多数なのだろう。そういう時に男性も雁字搦めの性差別の実態を知る事になる。


日本は男女の格差ランキングでも先進国最下位だ。というが、実際は女性に認められている生活支援が生活の額ではなく単に女性だ。という理由で区別制度がかなりあるのではないだろうか。本来の目標である困窮の撤廃から問題ごとの回避、事なかれ主義の行政になっているような気がする。

映画の冒頭30秒で号泣した話。

インサイドヘットが面白かった。なんていうかなんて言えばいいのかなぁ。とりあえず頭いい映画だった。好き。


笑っちゃうことに、いやほんと笑っちゃうんだけど俺は冒頭5分で泣いた。いやもっと早いなぁ。冒頭30秒くらいでほんとに涙流して泣いた。


トーリーとしては引っ越しするふつうーの女の子の頭の中で何が起きてるかみたいな話なんだ。頭の中に5人の感情を擬人化したキャラがいてどったんばったんみたいな。ありきたりな映画なんだけどさ。


その冒頭でその主人脳の女の子が産まれるシーンがあるんよ。それとは別に頭の中の登場人物がいて、それは、喜びの感情の擬人化したキャラクターがひっそり誕生するわけ。感情で1番と最初に芽生える感情って喜びの感情なわけよ。そのヨロコビが産まれる瞬間がね、モニターに生まれたてのまだ曖昧な視界で見てる両親の顔が見えてるだけのくらい司令室みたいな所があって、そこを不安そうにゆっくり歩いていくんよ。


でもってその手前に1つのボタンを見つけるわけ。それを押す訳じゃん。そうすると、主人公の女の子の頭の中の操縦席だから、そのボタンを押すと女の子が笑うのがその前に分かって、それをもう押す瞬間とかもう感情移入しちゃってるわけよ。そこから歯車みたいな神経組織っぽい模様の書かれた部品にだんだんだんだん明かりがついていって、部屋の端から、オレンジの球がコロコロころって綺麗に転がっていくんだよね。それがだんだんだんだん下がっていって機械をゆっくり起動させていく。そしてそれが最初の場所に収まって、その中に両親の顔が動画みたく映ってるのが見えて、それが初めての記憶だって分かるわけ。産まれて、一番初めの思い出の出来る瞬間が本当によく表現されてて、このシーンみて、僕はもう号泣してました。最速、ていうか映画で泣いたの初めてかもしれない。


もう今俺が文語的というか書き言葉で書くのをあえて放棄してるのはこれはもう人間の発達をものすごく分かりやすくそして神秘的に描かれすぎてて、もうこれの上をいくものないなと思って開き直ってるのもある。


その後もものすごく色んな事あるんだけど、

感情の芽生え、発達、感情のしくみ、脳の働き、記憶の役割とかイマジナリーフレンドとか思い出の良さまで色んなものがすっごくよく表現されてて良くてさ。ほんと延々泣きっぱなしだった映画でした。久々にいい映画みた。



ストラテラからコンサータまで飲んでみた効果と感想,

f:id:misterd:20170526201525j:plain

今(17年5月5日)現在、僕はADHDの症状の緩和の為に投薬を受けていますが、その内訳は、

ネスタ 2mg

を1日に飲んでいます。

以前はコンサータに切り勝てるまでストラテラを120mgの最大量まで使用していました。

そこでの感想や効果の実感なんかを書いていこうと思います。他のブログなどをみていても、個人差がかなりある事ですので、ADHD当事者の方はかかりつけ医とよく相談して処方を受けて下さい。出来る限り薬を使う人が安心できるよう、不安になるような文言はなるたけ注意深く配慮して書こうと思います。

まずストラテラについてですが、これは周りからの評判がすこぶる良かったです。人が変わったように注意力が上昇したと言われていました。

ただ全くといっていいほど自覚症状がありません。効果の実感はないけどなんとなく日々の所作が向上しているという感覚でした。

他のブログなどを拝見すると、夜に音のない静かな感覚を体感する。と言う文言をよく目にしますが、まさにその通りのしんと静まり返ったような落ち着きのようなものを体験することができます。周りの明かりなどが気にならなくなり、雑音も比較的遠くで鳴っているように聞こえます。健常者の感覚ってこんな感じなのかなという感覚で物事を観れるようになります。

また、いくつかの副作用がありました。一番大きかったのは勃起不全と射精と排尿がうまくいかなった事です。

非常に俗な話ですがまず勃起しなくなりました。性欲はあっても、形状として勃起状態が維持しにくくなります。そして射精のタイミングが異常に早くなります。オルガズムのタイミングよりも早く発車してしまうのが当たり前になります。というか、我慢汁の量が異常に多くなる感覚です。

基本的に精巣からの管と尿道はお互いを止め合う関係にあるのでストラテラの場合は精巣からの管が開きっぱなしになるのでしょうか、射精後の排尿障害がありました。尿意があっても五分ほど尿道が開かないのか尿が出なくなります。これは生活のスタイルもあるのでしょうがかなりキツかったです。(2017 8/8追記)コンサータではこの症状は起こらなくなります。

なんとなく副作用ばかりが強めに印象づき、効果の実感が得にくかった事と(実際にはストラテラを服用していた時の方が評判は良かったですが)、その費用の高額さから、コンサータに変える事になりました、

ストラテラを服用していた時は、最大で6錠もの錠剤を飲むことになり、それが1つあたり300から400円の薬価(扶養されているのもあり、自立支援が受けられなかったので一錠あたり3割で100円から120円の実費負担。それが6つも!)は月換算3万円ほどの出費になっていました。これは僕の精神的負担になっていました。

そこからコンサータへの転向を医者に薦められ、コンサータに転向しました。コンサータは指定された医師でしか処方できないと言うこともあり、その辺を詳しく調べずに向かった医療機関コンサータを処方された事に僕もかなり驚きました。

コンサータは麻薬じみているとか依存性があると聞いて恐怖していましたが、実際使ってみるとかなりそれを実感する事が出来ます。あの聞き方は長期的なリスクを考えるとかなり恐怖です。今後の依存関係の話もいずれ細かく書いていこうと思います。

本当にコンサータは飲むとやる気になります。朝眠れなくて徹夜しても、飲めば30分もすれば元気になり、かなり機敏に活動できるようになります。僕の場合多動よりも過集中に行くタイプなので、コンサータはあまり相性が良くないようです。ストラテラから切り替えた時は目の前のことがいきなり出来なくなる感覚が本当にもどかしかったです。しかしながら機敏さや身体の瞬発力などは、ストラテラとは段違いに上昇します。コンサータに切り替えてからメモを取ることが苦ではなくなりました。携帯のアプリなどがどんどん活用できるようになり、長期的な計画を立てることはかなりしやすくなります。ミスはかなり多くなりますが、気にならない程度に身体が動くので時間あたりの動作のチャンクがそこまで多くなければ不注意もコンサータでカバーできます。またストラテラでは出来なかった部屋の掃除などの先送りについてはコンサータは抜群に効果がありました。

逆に場当たり的に多くのことを一度にこなす必要がある場合はストラテラの方がいいかもしれません。

ワーキングメモリや動作のチャンクが無意識的に増えたように感じるのがストラテラ。それを有り余るフットワークでカバーするのがコンサータという感じです。

先送りにはコンサータが効果がありましたがその他の無駄なことも多くやる事になります。ストラテラについてはあまり効果は感じにくかったです。感覚としては、優先順位が無意識について少ない労力で最低限ができるのがストラテラ。大きなパワーと労力で意欲的に様々事が行えるのがコンサータです。

どちらも一長一短ありますが自分にあったものを医師と相談しつつ使ってください。

音楽の雑記でも

f:id:misterd:20170526201623j:plain

僕は音楽が好きです。単純に好きというよりは、音楽をやっていると大抵誰かが自分を見てくれるのでやっています。僕にとって音楽はコミュニケーションツールであり、自分を守ってくれる存在です。


小学生の時でしょうか。僕は小さい頃からいじめられていたのであまり友達もいませんでした。そんな時に、音楽の時間、あなたは歌が上手いね。と先生から言われたことが発端でした。


基本的に空気の読めない僕はクラスで邪険に扱われることが多かったのですが、何かの節々で歌う事で最低限の地位を得ていました。


Dは歌が上手い。


それがクラスで浮いている僕の一番貢献できる分野でした。


遠足なんかで歌う事や放課後あれ歌ってーと言われる事は今から見ればイジられていたのでしょうが、誰かから嫌われるよりは何倍もマシでした。


それ以来僕は音楽が好きです。このご時世、歌の上手い奴なんてごまんといます。声変わりや喫煙、デスボイスなんやかんやで声も出なくなり、それもあいまって人前で歌う事もほぼなくなりました。


それでも未だに作曲したり、家でDJミキサーを弄ったり、バンドを組んだり、様々な音楽活動を行なっているのは、きっとその時の体験が元で行なっているのでしょう。


歌や音楽は僕を守ってくれました。持ち前のADDやパニックでもそれはきっと心に体験として残っています。


才能が必要で尚且つジニ係数の高い分野なので、それが職になる事はまずないとは思います。ですが、僕は音楽を止める事はないでしょう。些細な歌やちょっとした演奏、作曲は人生のライフワークになるだろうな。そんな風に思っています。


人と人をつなぐツールとしての側面も音楽にはありますよね。


最近の僕の感覚的な傾向として、音楽も文学化してきて、一種の教養になってしまいました。聞いてる量の多さがなんだとか、時代の背景とか意義とかそんなものを追いかけるようになってしまっている気がします。


Chain Smokersの歌詞が現代的で斬新だとか、90年代Emoがどうとか、そんな話を誰かと話しているのも確かに楽しいです。


でもふと、あの頃みたく、ただ誰かの為に歌ってくれと言われた曲を繋がりの為に歌う。そんな日々も少し懐かしく、そして眩しく、

何よりそれから日々を哀しく思ったりしています。


僕はまだ歌えるんだろうか?

歌えばまだ誰かと繋がることが出来るんだろうか?

僕を嫌う人間から音楽はまだ僕を守ってくれるのだろうか?


そんなこと考えんと歌えばいいのにね。



とかく生きるのは難しい。

ドーナツでパニクった話

f:id:misterd:20170526201828j:plain最近バイトだったり面接だったりを繰り返していたせいかパニックがやや酷くなっている。


今回バイト先の予定を変えて貰ったので、お礼にお菓子でも買っていけばと彼女にアドバイスを貰った。そこでと思ったのだが、


お土産というのは非常に選定のタスクの多い品種である。


人数。

保存期間。

好みの味か?

アレルギーの有無。

値段。

ネームバリューや知名度


これらのファクターを同時進行で選定して行くのはかなり大変な事だ。


そこで僕はなんの気なしにパン屋のドーナツを12個一括購入するという暴挙に出てしまった。そこそこネームバリューのある店で、値段も相応で量も一人頭三個程度とまずまずだと判断したからだ。


しかしながら、僕はこの中の保存期間と数量を見誤ってしまった。


まずドーナツが普通にかなり大きかったのだ。


食べログで高評価を得ているおしゃれな店なぞどうせちっこいドーナツしか置いてないだろうとタカをくくっていたのだが、実際買ってみるとかなり重い。明らかに消費できる量を超えている。やってしまった。


悲劇のはじまりは店員が新学期だったのか対応に不慣れだった事だ。


大抵日本の土産屋なら大雑把に人数と用途を伝えれば向こうが勝手に足りない部分を一緒に考えてくれるものだが、そこはパン屋がメインの店舗なので、その辺のサービスが二の次になっていたのだろう。明らかに僕の大雑把な相談にキョトンとしていた。


さらにおしゃれなパン屋など入ったことのない僕である。まずそこで軽くテンパっているので、当初目をつけていた商品のドーナツを最大単位で買うことにした。

ただ流石新人、サービストークだけはちゃんと覚えているのかきっちり勧めてくるところは勧めてくる。

断りきれずに予算が500円アップした。優秀な女の子であった。将来が楽しみだ。ただ僕の平安は現段階でガッツガッツと突き崩しされている。


もうその辺りで既に平常心を失っていた。さっきの女の子が箱代を間違えたプラス100円かかるとか言い出し、それに対して「はぁ、で?(いくらになるの?)」と返してしまいもうお互い修羅である。


後はもう値段を言え金は出す状態でロクに確認もせんと店を出た。


その後1時間公園で炭酸水と安定剤を片手に深い絶望とチックとフラッシュバックに打ちひしがれていたのは言うまでもないことだろう。


絶対気に入ってもらえんないなあ。賞味期限5日ってなんだよ。5日で一人三個とか下手すりゃ拷問だろ。ああ高カロリー。ああ。主よ。憐れみたもう。私の原罪はなぜこうも人より露骨なのでしょう。人への親切がなぜこうも私を苦しめるのでしょうや。いっそこのドーナツなどかなぐり捨て手ぶらで何もなかったかのようにバイトに行けば楽で済むのに。


僕は完全に狂人のそれであった。

小言でマジで死んでくれないかなとブツブツ呟きながら目を血走らせて土産物を持つ20代のちょっと危ない人だった。


僕のパニックはパニックというよりは癇癪に近いのでいきなり感情が抑制できなくなるような感覚だ。


それが30秒おきに襲ってきた。もうバイト前にいつくかやって起きたい事もあったが、もう手につかない。

というかバイト行けるのか?俺。


そんな時にさらに悪いことに彼女に電話かけてしまう。質にももちろんよるが、僕の場合は安心できる人をパニック起こした時に周りにおいてはいけない。なぜなら当たり散らすからである。


電話越しに泣き喚いた。24にもなって。なぜ俺はこの歳にもなって彼女にたかがドーナツごときで泣きわめかねばならんのか。


ダメ人間である。嗚呼。ダメである。


流石に彼女も付き合いきれないのか対応もおざなりに彼女も彼女自身のバイトへ向かった。


一人打ちひしがれて僕はバイト時間ギリギリのバスに乗り込んだのだった。


ただ、人間土産物などもらって困る事はあれど嫌な顔をする人などいないので、その後の事は語るべくもないだろう。受け取ったお客様はとても喜んでいたし、多少多すぎたことを詫びていくつか食い切れないだろう分を貰って帰ってきただけの話だ。つまらん限りだ。


人生そんなもんだ。そんなもんなのだが、生きていくのは、ほんに、難しい。

株式会社Kaienの土曜体験会に行ってきた。

f:id:misterd:20170526202132j:plain



昨日は発達障害の人材育成と人材派遣を扱う会社kaien横浜での体験会に足を運んできた。


雰囲気は非常によく、参加へのなんやかんやも電話やメールなどさまざまな方法で対応していただける為、  何かとむつかしい作業や時間管理などが苦手な自分でも足を運ぶことが出来た。例のごとく少し遅刻したけれどそれでも親切に対応いただいた。ありがたい。


当日のプログラムでは、


午前中はようこそ先輩と題して、開演から就職して行った先輩たちからの話を聞く会に参加した。入所まえの体験生だけではなく、実際に通称している人も午前のプログラムには参加していた。


特徴はありつつも、かなり明瞭に20人近くの聴衆の前でリラックスしつつ障害雇用の実情や自分の生い立ちまたKaien語っていただいた。

Kaienの特徴としては、実際にインターネット店舗の運営を行っていたりと実際の業務の流れを体験する事ができたり、その時の人員の管理なども利用者が行うことができ、上司役とか、人を使う事の大変さも学べるのが利点のようだ。


話している先輩もそうなのだけれど、

ふと周りを見渡してみるとスーツをしっかりと着込んだ一見発達障害とは見えない方もいらっしゃたり、話している間も忙しなく手を動かし続ける体験者の方もいたりで、人の抱えている問題というのがいかに様々かよく理解できた。なので、比較的体験会はわりにリラックスした雰囲気で行われていた。


昼食の際は実際に訓練生の方とも色々話すことができて、隣の方と楽しく談笑させていただいた。施設の内情の話より興味のある事の話をしたい方のようで、僕はただただその詳しさに圧倒されてしまっていた。


午後のプログラムは入所前の体験生のみでの活動でチームを組んで簡単な作業を行うものだった。本の情報の入力作業で、この入力作業は実際に行われているらしい。


いくつかのチームに分かれて初めての相手と共同作業を行うのは僕にとってもかなり負担のかかる工程だったが、講師や、職員の方が、失敗しても大丈夫。それより、計画や、報告、連絡、相談をきっちりと行う事を学んでいってくださいね。という言葉を何度も口にしていたので、緊張はする事なく様々な作業が行えた。


私のチームでは僕の機械の調子が悪く、作業が出遅れてしまったが、他の方の協力もあって、なんとか入力は終えることができた。自分に出来ないことは他人がフォローしてくれるという経験はなかなか出来ないので、すごくありがたかった。ほんとあと時の方々には感謝だ。


行って感じたことは、発達障害の大小はあれど、かなり雰囲気としてはリラックスして対応してくれる事と、なにかあってもおおらかに対応してくれる事だ。


こういう所に行くのは結構な心の負担を受けるけれども、Kaienに関しては個人の特徴などをかなりおおらかに見てくれるので許容範囲が広い。なので、不安な事があっても安心して利用出来ると感じた。なので、利用を検討している人はここに関してはかなり安心して一歩を進んで大丈夫だと思う。